su3.bmp su1.bmp

80スープラカテゴリの記事一覧

最終モデル80スープラ

最終モデル80スープラ

1993年にフルモデルチェンジで
スープラは最終モデルのA80系に移行。

先代モデルのA70系
シャープな面と線で構成されていたシルエットは一転
曲線と曲面を多用し、グラマラスなルックスの
スポーツカーに生まれ変わった。

4520mmの全長と2550mmのホイールベースは
先代に比べてそれぞれ100mm、45mmほど切り詰められたが
全幅が1810mmと120mm拡幅されたことで
スポーツカーらしい圧倒的な存在感が備わった。

supra_kaisetsu_img04.jpg
搭載されたエンジンはともに3リットル直6ツインカム。

・NAの2JZ-GE(225馬力)
・ターボで武装した2JZ-GTE(280馬力)

ターボ仕様にはゲトラグ社製の6速MTも用意。

サスペンションは前後ともにダブルウィッシュボーン。
先代モデルで初採用となった基本レイアウトは
この最終モデルでは随分熟成が進んで
3リットルターボのパフォーマンスにも十分応えられるポテンシャルを有していた。

supra_kaisetsu_img02.jpg
デビュー翌年のマイナーチェンジでは17インチホイール採用とともに
ブレーキを強化。
1996年にはNA仕様にも6速MTが設定。一層の熟成が続けられた。

supra_kaisetsu_img03.jpg

80スープラ

80スープラ

国内2代目となるスープラ
先代モデル(70スープラ)より全長で100mm短く
全高で25mm低くなったものの
全幅は65mm拡大.
なんともグラマラスな3ナンバー専用のボディで1993年5月に登場。

280PS/44.0kg-mを発生する3リットル直6ターボエンジンに
日本初採用となったゲトラグ社の6速MTを組み合わせ
ビルシュタイン社製ショックアブソーバーを使った
新設計4輪ダブルウィッシュボーンを採用した
リアル・スポーツカーとしての内容を持っての登場。

その後も1994年には17インチタイヤを採用し
ブレーキも大径化を図る一部改良。
翌1995年にはレカロシートの採用。
1996年4月にはマイナーチェンジ。

さらに1997年には新開発ショックアブソーバー「REAS」を採用し
毎年のように進化を続けていたが
2002年に生産を終了してしまった。

supra_history_img04.jpg
su2.bmp

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。